【旧紙幣 古札】再改正不換紙幣10円 4次10円 和気清麻呂 証紙付

  • 0120-770-456
  • LINE

高値買取実績

【旧紙幣 古札】再改正不換紙幣10円 4次10円 和気清麻呂 証紙付

2020.10.22

 

【旧紙幣 古札】再改正不換紙幣10円 4次10円 和気清麻呂 証紙付

 

商品情報

 

品目

紙幣 旧紙幣 古札

品名

再改正不換紙幣10円 4次10円 和気清麻呂 証紙付

状態

並品

 

買取情報
  

買取店舗

おたからや心斎橋店

買取時期

2020年10月

 

買取担当者からのコメント

 

〇商品について

以前に発行されていた、兌換券とは何かの代わりに渡される券のことを指します。
日本銀行が発行していた【日本銀行兌換券】は金貨または銀貨と交換することが出来ました。
金本位制度の崩壊と共に管理通貨制度へ移行され、不換紙幣が発行され現在も不換紙幣が発行されています。

4次10円とありますが、昭和5年(1930年)に発行された兌換券が1次、その後【不換紙幣】→【改正不換紙幣】
→【再改正不換紙幣】と変化していき、昭和21年(1946年)からは現在でも使用可能な紙幣である、
日本銀行券A号10円 国会議事堂が発行されます。

●発行:昭和20年(1945年)8月17日
●廃止:昭和21年(1946年)3月2日
●大きさ:81mm×142mm
●図案:中央に和気清麻呂と護王神社

 

〇査定のポイント

まず第一にあげられるのは紙幣の【種類】です。
発行枚数・流通量の少ない紙幣やコレクターの方に人気のものであれば、
もちろん高価買取が期待できます!!

その次はやはり【状態】です。
もちろん未使用品や美品であれば高価買取が期待できます。
と言っても、洗ったり後から手を加えることはよくありません。
他の商品であれば、キレイにすることは高額査定に繋がる可能性は高まります。
ただ、古札や古銭の場合は後から手を加えることで、
当初の風合いが損なわれてしまうことが多い為、むしろ価値が下がってしまう場合もあります。

 

〇最後に

金本位制が採用された当時の換算レートは1円=金1.5gだったとの事。
後に金本位制度が確立された時には1円=金0.75gとなります。
その後昭和6年には金貨への兌換が停止されます。

そのため、前述しました和気清麻呂の兌換券1次は昭和5年に発行されましたので、
ほぼ不換紙幣と言えます。こちらは昭和21年(1946年)に廃止されます。
2次の不換紙幣は昭和18年(1943年)発行されますがそれまでは
名ばかりの兌換券が使用されていました。

今回お買取の再改正不換紙幣は、前述した和気清麻呂の紙幣の中でも、
1番発行期間が短いため、高価買取が期待できます‼

金・貴金属、宝石、有名ブランドアイテムetc...

幅広い商品の買取実績があります‼
その他の商品も買取強化中‼

※店舗によって買取品目が異なる場合がございます。

高価現金買取
pagetop